ラベル web の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル web の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年9月21日

今後Web担当者が重要になる理由

Web担当者が重要になる理由について記載します。

※特に中小企業はご閲覧ください!

その理由は、インターネット上に情報があることと、特に中小企業では実在する会社でもありますので、是非とも参考にしてください。

結論:ホームページは会社の履歴書(情報資産)!徹底的に顧客目線が重要!ホームページはやったもん勝ち!


【目次】

▼なぜweb担当者が重要なのか?

▼企業、団体のトップ(社長・代表)がやらなければならない3つのこと



特に中小企業様ではPCが得意だからホームページ担当=Web担当にする傾向がありますが、是非とも、以下を見てご検討をお願いします!

可能であれば、以前のブログ記事でも記載したとおり、社長、№2、行動力・決済ができる方が必ずweb担当を行ってください。そして忙しくても、決済者は口出しをしてください。


今後、Web担当が優秀か、優秀でないかで会社の未来がかかってきますので本当に担当者選定はご注意ください。今後、Webを甘く見ると、後々痛い目に会う可能性もあります。ご注意を!


なぜかと言うと、ホームページに力を入れ続けているだけで、仕事が来るからです!また、そのような企業をいくつも見ているからです。


絶対にやる人、やった人が勝ちます!

【過去記事】

ホームページ屋(web屋)が教えるホームページ会社、コンサル会社の選び方
https://nogu.biz/2017/05/web.html



▼それではなぜweb担当者が重要なのか?

それは、4つあります。


1.インターネットの普及

2.検索時代

3.比較時代

4.共有時代

以下を説明します。


1.インターネットの普及

インターネットの普及は、これからもっと加速していきます!絶対です!
なぜかと言うと「便利」だからです。
皆様も、何かを知りたいと思ったときに専門家や、詳しい人に意見を貰い納得した上で行動すると思います。
まさにそれがインターネットでもできるように情報が揃ってきたからです。


2.検索時代 

私もですが、困ったら「ググる」
この、「ググる」が当たり前になり、その精度も良くなって行っていることと合わせて、その深層心理を分析された記事が多くなっている事が原因で、ググれば解決する満足度の向上をGoogleが常に改善を行っているからです。


3.比較時代

その検索エンジンで調べた内容な、現実に近い形になっており、説得力がある情報になっているため、すぐに比較検討が可能になりました。
ユーザー目線のコメントや口コミ数も以前より断然に増えていることが原因です。
「価格は載せることはできない!」と断言する会社もありますがその時点で、ネットからは比較されずに対象から選ばれない時代になっています。価格の掲載はできるだけ行っていください。ユーザー目線であれば価格がわかることは、高い、安いは関係なくその理由がわかることが嬉しいことなのです。


4.共有時代

今までは、実体験で終わっていましたが、最近ではレビュー、口コミ、評価。最終的にはその発言をしている人のプロフィールや情報も参考にされている状況です。


上記を踏まえて、以下になります。



▼企業、団体のトップ(社長・代表)がやらなければならない3つのこと


①企画管理者を決める


どういうことかというと、「こんなことをしたい」「こんな内容を載せてくれ」「これをアップしてくれ!」「○○をしてくれ」という指示をだす企画管理者を決めることです。

一番のおすすめは、社長(代表)です。
なぜなら、ホームページは「あなたの会社(団体)のWebの顔」だからです。

事業内容、自社の売り、PRポイント、今までの経験全てを知っているのは、社長だからです。


これを決めて、実行をしていかないと、最終的には「外に出て、寝てサボっている営業マン」のようなホームページになってしましますので、しっかり、「これを売ってこい!」「これをPRしてこい」と指示を出す管理者を決めましょう!


②更新担当者を決める


①の企画管理者が決まったら、実務を行う担当者を決めましょう!
こちらもとても重要です。

①の企画管理者は、初めは指示や、依頼を出しますが、更新担当者はその後、指示、依頼を受けなくても、行動に起こしてくれる人でなければ、ホームページ(営業マン)は成長しません。

要は、指示待ち人間でなく、自分で考えて、企画管理者からの依頼を汲み取って、最終的は、自分が企画管理もできるようになっていく人材が必要です。

ホームページのあり方も、時代の流れで変化し続けています。
過去の常識が、今ではタブーであることも少なくありません。

ですので、更新担当者は、次期社長、ナンバー2の方、頼りにできる方に頼むことが最善だと考えます。


③社員全員をフォロアーへ


①②が決まったら、そのことを社員(スタッフ)全体に伝えて、全員へ周知しましょう!

そして、写真や、ネタを募集して協力を促します。

「ホームページで会社をPRしたい!みんな手伝って貰いたい!」という風に。

そして続けて「このことで、反響や利益が上がったらバック(賞与で)します!」と言えれば最高です。


その後、社員の皆様に、現在困っていることのアンケートを出して、もっとPRしてもらいたいネタを募集しましょう。また、競合の情報も情報提供してもらうようにしてください。

ローカル(リアル)な内容と地続きであることを徹底していくといいでしょう。


いかがでしたか?



Webは、会社の情報資産です!その情報資産を甘く見ている企業で成功している企業様は、本当の強みを持っています。しかし、強みもいつかはマネされる時代です。

そんな中、ネットで発見され集客することが、今後の重要なことになります。

今の、サイト(24時間営業マン)がしっかり働いているかも考えていきましょう!


<PR>

また、YouTube以外にも、Googleのローカルガイド、そのたSNSも頑張っています! こちらもチェックください!! >ブログはこちら:https://www.nogu.biz/ >YouTubeはこちら:https://www.youtube.com/ta0416 >twitterはこちら:https://twitter.com/ta0416 >instagramはこちら:https://www.instagram.com/ta0416/ >facebookはこちら:https://m.facebook.com/ta0416ta ありがとうございました!

2018年8月21日

Webで認知度を上げる方法

こんにちは、個人的に認知度を上げたい野口です。


最近、ブログや、twitterYouTube等よく更新しています。
最終的な目的は、「認知度を上げたい!」ためです。


なぜ、認知度を上げたいとおもっているのか?感じたか?


結論:自分のため!(経験したいため!)



結論から言うとこうなります。

認知度がある、有名人、著名人はどのようにして有名になったのかは様々ですが、その様々な苦労を経験したいため、認知度が上がるであろうことを、いろいろと今後も実施していこうと思います。※皆様お手柔らかいに、生暖かく見守ってください。


一般的には、「有名人になりたい!」「モテたいから」などから、「認知度をあげたい」と思うでしょうが、、


私の場合は少し異なり、「体験したいから」=「体験談を語るため」が大きな目的です。


そのためにできる方法を自分なりに簡単にまとめました。


何をやればいいかというと、

今までの経験や体験をweb化するだけ!とにかくネットに情報を上げること!



「そんなにネットに上げる情報は無い」とよく言われるのですが、認知度を上げる手っ取り早い対応は、情報をネットやブログ記事、SNSにアップすることです!

ネタは、いろいろありますし、つまらないことでも問題はございません。


YouTuberも自分の体験や、実験、ゲームをしている動画をアップしているのを見たことありませんか??


要は、自分がやってることを、ネットに(WEB化)しているだけです。

しかし、、

その情報は、世界中のどこかの誰かが共感してくれます!!

それがインターネットの凄みもあります。※ただ、炎上だけはおすすめしません。


小さなことでもいいのです。

リアルな内容を、ネットにありのまま上げること(Web化)なのです。リアル(現実)とバーチャル(ネット)をイコール(=)にしていただくだけです。


<例>
・ラーメン屋さんで新発売の「冷やし中華」を食べた!→写真と動画、感想を書くだけ。
・観光地に行った!→その写真と動画、感想を書くだけ。
・旅行に行った!→Webに上げるだけ。
・ゲームをする!→動画を撮ってアップする。

このように現実のことを、web化して、アップするだけで、ネットとリアルのギャップを無くしていけます。



いろいろな写真を撮っていたり、動画を撮っていればその情報をコツコツとアップすることで、動画やブログが充実していき、興味をもってくれたどこかの誰かが、興味を持ってくれます。


Webに掲載するメリットは、記載した内容がどこかの誰かの役に立つ情報になる!ということと、消さない限り掲載され続ける(ストックされる)ことです!



企業や、団体にとって、ホームページにアップした専門的な情報が情報資産(会社の履歴書)になります。

ですので、認知されるツールとしては、Webやホームページ、SNSを活用したほうがいいです。低コストで集客可能だから企業はWebを活用して、仕事をGETしています。このことを知らないと、頑張っている企業に追い抜かれるかもしれません。


そして、必ずSNSで拡散をしてください。



それも、できるだけ多くの方に拡散の協力を依頼しましょう。自社(団体)の認知度アップ(売上アップ)のためです。



その拡散は、ローカル(実店舗)でも、ネット(WebサイトやSNS)でもどちらでも必要です。


認知度を上げるためのには、とにかく手間と時間がかかります。また、新しいことも増えてきますので勉強しなければいけませんので、正直な話…面倒です


逆に考えると、本格的に続けれないため、「やったもの勝ち」なのです!


インターネットを活用して、認知度アップ・売上アップを本気で考えるのなら、手間とコストをWebやSNSかける覚悟が必ず必要になります。


ですので、私も地道にブログや、YouTube、SNSに投稿をしています。

自分のために、自身が理解し、決定し、実行する必要があるのです。


最終的には「決断」「行動」「継続」!



炎上以外で、認知度を上げるために必要なことは何よりも、「決断」「行動」「継続」の3つだと思っています!



「千里の道も一歩から」。少しづつでも「決断」「行動」「継続」に移していただき、「認知」されるためのヒントになればと思います。


本当に色んなことをやらないといけない時代ですね。。。


<認知度を上げる方法>
・テーマを決めてブログを書き続ける
・できるだけ多くのSNSをやる。
・ネタを色々書いてみる。
・継続し続ける
・諦めない
・ネガティブには引っ張られない
・分析よりも実行する
・自分をさらけ出す
・嘘つかない     
・名刺を配る
・できるだけ多くの人と話す
・ポジティブな人と付き合う
・いろんな考えを知る
・人がいるところに出てみる
・まずは行動する

  ・・・・・などなど

まとめ


ぜひ、実施できる内容から少しずつでも取組んではいかがでしょうか?


最後まで閲覧ありがとうございました!!



<PR>

また、YouTube以外にも、Googleのローカルガイド、そのたSNSも頑張っています! こちらもチェックください!! >>ブログはこちら:https://www.nogu.biz/ >>YouTubeはこちら:https://www.youtube.com/ta0416 >>twitterはこちら:https://twitter.com/ta0416 >>instagramはこちら:https://www.instagram.com/ta0416/ >>facebookはこちら:https://m.facebook.com/ta0416ta ありがとうございました!

2018年5月24日

ホームページ作成依頼を、友人、知人(個人事業主)にしないほうがいい理由

今回は、「ホームページの作成依頼を、友人、知人(個人事業主)にしないほうがいい理由」 についてお話します。


結論:継続した事業をしたいなら、組織(企業)へ依頼する!


事業を成功させたいと言うのが、経営者の本音です。事業を成功させる中、ホームページというローコストでいろいろなことができる、ナンバーワン営業ツールを、個人事業主の知人にまかせますか?

もし、その知人が事故を起こして、入院したらフォローできる人はいますか?



この質問を受けて、フォローできないなら依頼し続けて問題がでるかもしれません。


ホームページの依頼を友人、知人=安心ではありません。


私が、経営者なら、個人事業の人にはたのまず、組織もそこそこの企業に依頼します。



コストが掛かってもです。


私が、今までWebに十数年関わってきて、web屋(ホームページ屋)の情報を聞いて、しらべての結論です。


その理由を2点述べていきましょう!

①個人事業主への依頼はやめた方がいいのはフォロー体制がない場合が多かった!



特に、「個人でやっている」「友人ができるから依頼した」はやめたほうがいい理由がフォロー体制がないことです。



その友人、知人が仕事で忙しくなたり、倒産したり、病気になたらどうしますか?


引き継ぎができない小規模業者、個人経営はその点にリスクがあります。


私の経験で、ドメイン管理も任せていた個人経営の方が、急にお亡くなりになったことがありました。その際に、ドメインの移行もできず、ドメインの契約期間まで何もできないということがあり、約1年間放置のようなことがございました。


その他にも、忙しいという理由で依頼ができない!などなど、あなたの事業は友人、知人の忙しいということで、24時間365日働いてくれるホームページ(営業マン)を新規追加、内容の修正(営業マンなら指導、教育)を、野放しにしていることを意味します。


ホームページは会社の情報資産(履歴書)です!


事業を継続している限り、必要となるものでしょう。

ホームページの最大限のメリットは、いままで自社がやってきたこと「キャンペーン」「イベント」「営業内容」そのような現実で行っていることを残して行く(残すことができる)、会社の履歴書といっても過言ではありません。


その内容を、Webに上げることもできないのであれば、その情報を、口や、書籍(本)等ですぐに、伝えることが不特定多数にできれば、問題ありませんが、そのようなことは、よっぽどの広告(メディア)を使わないと公知できません。お金がかかります。



ならば、どのように情報を残すのか・・・その場所が「ホームページ(Web)」なのです。



ホームページは安価で、情報がほしい人にはピンポイントで情報提供できるすばらしいツールなのです。


ホームページは、情報を削除しない限り情報が残り続ける情報資産になります。



それを、友人、知人に気を使って依頼できないから、ホームページが更新できないとうことは、経営者(事業主)としてもったいないです。


ましてや、自社に在籍する社員、社員の家族にはどう思うでしょうか?

一日(人生)、の三分の一近い時間を仕事に費やしたことが、家族のお父さん、お母さん、子供が働いている活動が、確認することができない(わからない)。何に時間を使っているのか不明なのは、良いことではありません。


その部分も把握しておいた方がいいでしょう。


ホームページは、安価=バンザイ ではないということです。




②常に新しいWebに関する情報を、個人(友人)が、収集し続け対応できますか?



これが、特に難しいです!私1人ではできません。



常に進化し続けるIT業界なので、この一年でも、色々トレントが変わっています。

組織では、数十、数百名からの情を報集めて、共有、把握し合い、議論し、システムを修正したり、メンテナンスをしたり・・・他にも様々なことを情報収集し対応しています。


そのことが、友人、知人が把握して、ホームページのメンテナンスや更新、開発、フォローまでできていますでしょうか?


情報に追いつかないまま、成果を出せず、ほぼ放置の企業は、大半が友人、知人に安価で依頼している場合が多いです。


無料や安価なものには理由があります。安価に作りたいなだ、自分の時間をかなり使うことになるでしょう。そのどちらかになるため、その時間をお金で買うと考えてください。

安価なホームページは自分の時間がかなりとらます。



●まとめ


ホームページの作成依頼を、友人、知人(個人事業主)にしないほうがいい理由を記載しました。

情報はいたるところで検索し調べれることができます。最終的には周りにも相談し、自身で調べて判断し決定しましょう。

また、無料ホームページに真剣に向き合うのもおすすめしません。自社のドメインを取得して、しっかり運営してください。この意味がわからない場合は、しっかりわかるまで勉強しましょう。

あと、ホームページの運用は、本当に面倒です。いろいろなことをやらなければいけません。しかし、Webの世界は「やったもの勝ち」ですので、その点をしっかり理解して行動にうつしてください。

最後まで閲覧いただき、ありがとうございました!


〈PR〉
また、私もYouTube、Googleのローカルガイドを頑張っています!長崎市内を中心に動画・口コミ投稿していますので、こちらもチェックください!!

>>YouTubeはこちら:https://www.youtube.com/ta0416

>>twitterはこちら:https://twitter.com/ta0416

>>instagramはこちら:https://www.instagram.com/ta0416/

>>facebookはこちら:https://m.facebook.com/ta0416ta

>>ブログはこちら:https://ta0416.blogspot.jp/

是非とも、ボタンをクリック願います!
  • にほんブログ村 YouTubeブログへ
  •  
  • にほんブログ村 グルメブログへ
  •  
  • にほんブログ村 九州食べ歩きブログへ
  •  
  • にほんブログ村 長崎(市)情報ブログへ


ありがとうございました!